© 菅谷信一オフィシャルブログ All rights reserved.

P1020042

20165/10

1350グラムの魂を抱いて+主導権のある仕事スタイルへの転換。

 

今からちょうど7年前の

2009年5月10日。
とても熱くて天気のいい
日曜日でした。
当時、ホームページ制作業者として
企業から制作を請け負っていた私は、
カメラを担いで、ある住宅会社の
取材に朝から出かけていました。
午前11時ごろ、
お腹が大きかった妻から
電話が入ります。
「お腹が痛い・・・」
でも予定日までは、
まだ2ヶ月以上あります。
「陣痛ではないだろうから、
ゆっくり休んでいれば、
痛みは収まるよ。」
そう私は返事をして、
また取材の現場に戻りました。
1時間後、また電話が鳴ります。
「もう我慢できない・・・」
「今すぐ、帰る!」
と、茨城県東海村から水戸市まで
神業のドライビングで(?)
わずか20分で帰宅すると、
妻はぐったり。
またまた神業のドライビングで
わずか10分で産婦人科に連れて行くと、

「陣痛が始まっています。
もう止められないので、
今日、産んじゃいましょう。」。
そして1時間後に、
わずか1350グラムで
生まれたのが、私の息子です。
私は思いました。
「妻が苦しい思いをして、
息子が生まれようとしているのに、
そばに居てあげられないような
仕事はいやだ。」
もちろんホームページ制作業は、
すでに15年の業界キャリアが
ありましたし、大好きな仕事でした。
ですが、請負型の仕事について
行き詰まり感を感じていたのも
事実です。
「スケジュールを自由に決められ、
価格決定権があり、顧客を幸せにしながら
何より家族を犠牲にしない仕事を。」
そう考え、コンサル業に業態をシフト、
営業手法も「セミナー営業」を
効果的に使い、今日に至っています。
そのキッカケになったのが、
身体中にチューブを刺されていた
1350グラムの息子の姿でした。
(今では、23キロと
クラスでも大柄な男の子
になりましたが。。)
自分と家族が幸せになる
経営と仕事のあり方。
そのキッカケになったのが
「セミナー営業」です。

P1020042
明日まで、
私の動画講座をご覧いただけます。

http://lp.dokusen1.com/seminarmodel-of-store/

あなたの経営と仕事を変えて、
あなたと家族を幸せにする
ヒントが眠っているかもしれません。
というわけで、私は
息子のプレゼントを買いに
トイザらスへ行ってきます。
ではでは。
菅谷信一

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

002

20173/29

国家も中小企業も「戦略が7割」。空港を見れば分かる国家戦略。

こんにちは。 菅谷信一です。 海外向けの企画収録のために 訪れた今回のシンガポール。 今回で8回目の シンガポール…

001

20173/29

ラッフルズホテル「100年の計」+20年の孤児院支援。

こんにちは。 菅谷信一です。 http://mmct.jcity.com/?c=884&e=vQGUfEUCjBxXHM…

001

20173/26

シンガポールでシェンさんと収録

アジアナンバーワンのyoutubeコンサルタント、シェンさんとの新プロジェクト。 今日はその収録を最高のロケーションでさせて頂きました。 …

001

20173/25

シンガポールで想う国民の幸福度+誰もが上を向いて暮らせる国。

こんにちは。 菅谷信一です。 今、成田空港にいます。 http://mmct.jcity.com/?c=884&e=m…

headline01

20173/24

全国2万7000人の児童へ届ける「二人の師匠」の背中から得たもの。

こんにちは。 菅谷信一です。 今日は都内で講演です。 実は、今日の講演内容は 昨年から温めてきた内容で、 「やっと…

ページ上部へ戻る