Home » その他 » 正直すぎた男+ラスト400メートルの男

正直すぎた男+ラスト400メートルの男

今日は息子が
小学校ではじめての
テストの日。
名前の欄に自分の名前が
ちゃんと書けるのかな?
などと朝から心配しながら
息子を送り出しました。
昨年秋に、息子は
水戸市内の私立小学校を
受験しました。
私立って、親子面接なんですね。
当然、私もネクタイ締めて
面接に臨みます。
先生
「菅谷さんの教育方針は
何ですか?」
「正直、勉強なんか
できなくてもいいと
思うてます。
でも、目の前に
困っているおばあさんに
声をかけたり、
白い杖をついている人が
いたら、手を差し伸べられる
子になってほしいと
思うてます。」
先生
「お母さんはいかがですか。」
「はい。まあまあそんな感じです。」
3日後に届いた合否通知は、
見事に不合格。
「ちょっと面接で言うたことが
正直すぎたかな。」
ちと反省しました。
系列の保育園からは
史上初の不合格という
記録を作ってしまいました。
息子よ、ごめん。
でも、息子に
私はこういいました。
「いいか。
人生は長距離マラソンなんだ。
パパが子供の頃に、
瀬古利彦っていう
マラソン選手がいたんだ。
瀬古さんは42キロのマラソンで、
ラスト400メートルでいつも
相手を抜かして優勝したんだ。
だから、息子よ。
お前も、人生のスタートに
失敗したからって気にするな。
ラスト400メートル勝負だぞ!」
年端もいかぬ息子に
そんな訳のわからぬ
たとえ話をして励ましたのでした。
息子よ。
人生は長距離マラソン。
でも、今日のテストは
がんばれよ!

13241107_1054923664556542_8231186469631239379_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/