Home » その他 » 2017年、問われる「誠実に」稼ぎ続ける思考と姿勢。

2017年、問われる「誠実に」稼ぎ続ける思考と姿勢。

—————————————

■美容室を経営されている方に朗報です。

菅谷信一から美容室経営・最新成功戦略
についての情報を直接受け取ることができます。

ご関心のある方は、こちらよりご登録下さい。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=arms&formid=104

—————————————
こんにちは。
菅谷信一です。
当社は今日で仕事納め。
メルマガも
今年最後の配信となります。
先日発売された9冊目の著書
「儲かる絶対法則」。
帯に書かれた本書のテーマである
「誠実に稼ぎ続けること」
について、今年最後のこの
メルマガで書いてみたいと思います。
私がこのタイミングで、
ネット戦略でもなく
YouTubeでもなく、
「誠実に稼ぐ」ことについての
本を出したのには理由があります。
私がこれまでコンサルティングをして、
業績が劇的に改善した企業、個人の
その後は、ふたつのパターンに
わかれます。
ひとつは、その業績改善に
自身の不足していたものを
謙虚に理解し、更に努力をつづけ
業績を更に伸ばすパターン。
年商が2400万円から翌年に
1億1600万円、そして今では
年商3億円に躍進している
自動旋盤の(株)鈴喜、鈴木さんなどは
そのケースです。
鈴木さんは、今でも実に謙虚に
学び続け、儲け続けています。
もうひとつは、
一時的な業績回復に慢心し、
更に余裕のできた時間とお金を浪費し、
倫理的に問題のある行動をとるに
至るパターンです。
今年は芸能界でもスポーツ界でも
この「倫理観」が大きな問題になり
マスコミを賑わせましたね。
倫理的な問題は、
いろいろあるわけですが、
ひとことで言えば、
「人としてあるまじき行動」。
更に言えば、法律を明らかに
おかしている行動、
ということになります。
このふたつ目のパターンが、
実に多いのです。
この2年の間だけでも、
3名の経営者と絶縁しました。
当然、私から連絡を取ることもありませんし、
私の心の中での評価は、経営者以前の
「人でなし」ということになります。
私のコンサルティングの結果、
そのような勘違いをされることが
何より悔しいからでもあります。
「損得以前に善悪が大事。」
そして、今回の新刊で繰り返し触れている
「悪の栄えた試しなし」
そのものなのです。
今年一年は、
世の中の影の部分、悪の部分が
明るみになった一年。
2017は、
「誠実なビジネスを行う」ものが
脚光を浴びる一年になると感じています。

 

あらためて、
「誠実にビジネスをする」
スモールカンパニーに
戦略と戦術を授け、
業績改善のお手伝いをする
という役目を胸に、
私は来年もかんばってまいります。
今年一年、メルマガを
お読み頂き、ありがとうございました。
2017年が
最良の一年になりますことを
祈っております。
良いお年をお迎え下さい。
菅谷信一
追伸:

1月15日に不動産投資に関する
無料セミナーが開催されます。

得られた利益の運用として
不動産投資を考えている方はぜひ。

http://peatix.com/event/223986

■写真は、ギリシャの詩人、ホーメロス
『オディッセイア』の中にも書かれている
「悪が栄えた試しなし」。

001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/