Home » 最新情報 » 大震災6年。YouTubeコンサルが生まれた日+小さな教室。

大震災6年。YouTubeコンサルが生まれた日+小さな教室。

こんにちは。
菅谷信一です。

明日3月11日で
東日本大震災から
ちょうど6年を迎えます。

未だに震災の爪痕が深い
被災地の方々の
一日も早い復興を
心からお祈りいたします。

01
■写真は大震災翌日にやっとたどりついた上野駅。
ここから水戸の自宅までタクシーで8時間。

当時のブログ記事

震災の一週間前。
私は生まれて初めて
スマホを手にしました。

ドコモの携帯電話を
スマホに機種変更したわけです。

いろいろとスマホをいじっていると
動画の撮影とYouTube投稿までを
一貫してできることに気づきました。

いくつかのポイントを押さえ投稿すると
翌日にはGoogle検索の上位に
自分の動画が表示されました。

そんなときに迎えたのが、
3.11の大震災だったのです。

ライフラインが少しずつ復旧すると
地元の経営者たちから悲鳴にも似た
経営相談が続々と舞い込みました。

まずは、
日立市の駅前で10坪の小さな
簿記教室「サムライ塾」を
経営している後藤充男さんです。

JR常磐線のレールが大きく曲がり
復旧まで半年かかりました。

電車で通う生徒さんが激減し、
後藤さんの商売も大きく傾きます。

そこで、
私が助言したことが今日の
「菅谷式YouTube戦略」の礎になる
動画の大量投稿でした。

まだ「菅谷式YouTube戦略」が
何の実績も生み出していない
「仮説」の時期。

それでも、崖っぷちの後藤さんへの
叱咤激励と助言は、
「一年でYouTubeを
1500本投稿しなさい」。

後藤さんは持ち前の実行力で
一年後に見事、1500本の
動画投稿を達成しました。

すると、

「大手簿記学校に通っても
結果が出なかった。
そんなときネットで検索すると
後藤さんの動画がたくさん出てきた。」

と多くの受講生が押し寄せるようになったのです。

このような動画が
一万4000回以上再生されています。

簿記という限定された市場を考えると
これはすごい数字ですね。

例えば、Google検索で
「簿記教室 選び方」と
検索してみてください。

2011年7月27日に
まだ復興途上で大変なときに
後藤さんが投稿した動画が
いまだに検索上位に表示されています。

「ロングテール」
という大量のスモールキーワード
(細かな言葉)を押さえる
検索対策の概念があります。

私は、この後藤さんの実践と結果から
「忙しい中小の経営者でも
無理なくできる圧倒的な
ロングテール戦略だ。」
と確信を得ました。

そして、次なる成功事例
「自動旋盤の鈴木さん」に
つながっていくのです。

東日本大震災が私にもたらしてくれた
「YouTubeコンサルタント」
という人生。

その意味を大震災のあった
3.11に毎年、噛み締めています。

これからも、
被災地で苦しむ被災者だけでなく、
経営不振で苦しむ中小経営者のために
まだまだ私は頑張らなくてはいけません。

そのような初心を忘れずに
経営コンサルタントとして
邁進したいと思います。

それでは素晴らしい週末を。

菅谷信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/