Home » 最新情報 » シンガポールで想う国民の幸福度+誰もが上を向いて暮らせる国。

シンガポールで想う国民の幸福度+誰もが上を向いて暮らせる国。

こんにちは。
菅谷信一です。

今、成田空港にいます。

http://mmct.jcity.com/?c=884&e=my99%3DmhlRtH0VKA5hoUefg11

を昨日発表したばかりですが、
「日本人は本当に幸せなのかな」と
思いながら、
この雑踏を眺めているところです。

私は、お昼の便でシンガポールに向かい、
明日は海外向け教材の収録の仕事です。

半年ぶりのシンガポールになりますが
私は結婚式を挙げたのも
シンガポールですから、
仕事で大好きなこの国に行けるのは
とてもワクワクします。

001

東京23区と同じ面積しかない
小国、シンガポール。

特に目立った資源もない国ですが
街を歩く人々は老若男女、
とても活き活きしています。

国連は「世界幸福デー」に
定めている毎年3月20日、
世界155カ国の
「世界幸福度ランキング」を
発表しています。

アジアで最高位だったのが
26位のシンガポールなのです。

タイが32位、
台湾が33位、
マレーシアが42位
とアジア諸国が続きます。

日本は何位だと思いますか?

51位です。

この「世界幸福度ランキング」は、

■1人当たりの国内総生産(GDP)
■健康寿命
■困難時に信頼できる人がいるかどうか
■政府や企業における汚職からの自由度

など、総合的な「幸福度」を
調査した結果です。

もちろん紛争が多かったり、
決して幸福とは言い難い国が
あるのも事実です。

シンガポールに行くと
いつも思うのは、
国民一人一人に目を向けた
国であること。

たとえば、
世界最高水準の医療制度は
誰もが安心して
受診できる安価な診療費が
設定されています。

教育の水準が高いことも有名で
国の予算における
教育関係の費用は
毎年常に全体の2割以上を
占めています。

「誰もが例外なく上を向いて、
明るく暮らせる国っていいな。」

シンガポールに来ると
いつもそう思います。

社会的弱者にも
しっかりと目を向けた
ビジネス成功者を輩出する
このプロジェクト。

http://mmct.jcity.com/?c=884&e=my99%3DmhlRtH0VKA5hoUefg11

「世界幸福度ランキング」
で日本の順位がひとつでも
向上することを祈って、
このプロジェクトに取り組んで
行きたいと思います。

また現地で感じたことを
明日からのメルマガで
お伝えしていきます。

菅谷信一

追伸:

このプロジェクトのページでは
経営者の悩み、質問を
受け付けています。

シンガポール滞在中も
毎日早朝に時間を作って
回答していきますので
ドシドシとコメントを
お寄せ下さい。

http://mmct.jcity.com/?c=884&e=my99%3DmhlRtH0VKA5hoUefg11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/