Home » 最新情報 » ラッフルズホテル「100年の計」+20年の孤児院支援。

ラッフルズホテル「100年の計」+20年の孤児院支援。

こんにちは。
菅谷信一です。

http://mmct.jcity.com/?c=884&e=vQGUfEUCjBxXHMOcl6RXqA11

「動画に元気とアイデアをもらった。」
「この時期に見ることが出来て良かった。」
「今のままではいけないと感じた。」

様々な経営者からのメッセージを
頂いています。

ご登録、ご視聴がまだの方は、
期間限定の公開ですのでぜひ。

さて、
シンガポール三日目になります。
昨日はある新教材の収録を
しておりました。

宿泊はいつもの
ラッフルズホテル。

001

開業130年を迎える
「東洋の真珠」
と呼ばれるこのホテル。

いつもの滞在と違い
ホテル敷地内のあちこちで
工事が目立ちます。

カクテル「シンガポール・スリング」
発祥の地「ロングバー」も
改装のため休業。

スタッフに聞くと
一年半かけての改装中だそうで、
今年12月からは半年間
完全休業にして
予約も受け付けない
とのことです。

130年の伝統あるホテルが
「次の100年」を見据えて
半年、仕事を止めるわけです。

中長期的な視点での
徹底した経営に
あらためて感嘆いたしました。

私たちが現在行っている
新しいビジネススクール
「ビジネスタイガー養成機関」の
孤児院にランドセルを贈る活動。

これも、一過性のものではなく
20年間の継続的な取り組みを
前提にして企画しました。

http://mmct.jcity.com/?c=884&e=vQGUfEUCjBxXHMOcl6RXqA11

「業績アップをした上で
ビジネスタイガーの一員になりたい。」

そのようなメッセージも頂いています。
早くも私たちの想いが確実に
伝わり始めている手応えを感じ
とてもうれしく思っています。

参加者の方々とは、
「一生のお付き合い」を
前提にしたプロジェクトとして
私とパートナー・藤村しゅんさんで
取り組んでいきたいと
考えています。

連日30度を越えて、
とても暑いですが、
明後日までのシンガポール滞在で
気づいたことをまたお伝えします。

ではお互い、
充実した一週間にしましょう。

菅谷信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/