Home » 最新情報 » 池上彰さんが「弱小」テレビ東京を選び続ける理由。

池上彰さんが「弱小」テレビ東京を選び続ける理由。

こんにちは。
菅谷信一です。

私の企業コンサルや経営スクール
「ビジネスタイガー」と
「住宅営業革命プロジェクト」。

いずれも、机上の空論ではない
演習や課題に徹底してこだわります。

私は、学者でも評論家でもなく
コンサルタント。

それは私が、業績という
「結果」にこだわるからです。

書籍や教材DVDを見るだけでは、
経営者に必要な応用力、瞬発力は
絶対に身につきません。

宿題として、
ブラッド・ピットの
「ある映画」を見ることを
課せられる経営スクールは
世界中でも当社だけでしょう。

たとえば、
私のコンサルやスクールでは
このようなテーマについて
考える場面があります。

「テレビ東京のこの番組は、
どのような視点で
一位を獲得したのか。」

民放では予算も少ない
「弱者」であるテレビ東京。

ところが、今年5月最終週に
ゴールデンタイムの
週間平均視聴率で
民放第3位に躍り出ました。

これは、1964年の開局以来、
初の快挙だそうです。

予算イコール視聴率ではない
ことを証明したテレビ東京。

今年のセ・リーグを見ても
予算イコール成績でないことは
明らかですよね。

そこには、私たち中小企業が
学ぶべきエッセンスが
含まれています。

たとえば、
池上彰さんの「選挙特番」。E1467913098168_86dc_1

予算も潤沢にある
民放各社がたくさんある中で、
池上さんはなぜテレビ東京の
オファーしか受けないのでしょう。

■答えを知りたい方は、
こちらからメッセージください。

https://ws.formzu.net/fgen/S25775227/

そこにも、
「予算イコール視聴率」
を覆す戦略が隠れています。

私は「弱者の成功」の
影に隠れた理由を分析する
「オタク」。

経営でも野球でも
カーレースでも
格闘技でも、
「弱者の成功」を
見ると胸が踊るのです。

でもそこには必ず
「弱者の戦略」が
存在します。

その原則から学び、
中小企業への応用力を高め、
業績アップという結果を出す。

それが私の使命だと考えています。

そんな使命を胸に今週も

・スクール生の個別面談
・栃木での企業研修
・八戸商工会議所での講演(28日)
・企業コンサル4件

とまたまた濃厚な一週間。

6月最後の一週間、
お互い頑張っていきましょう。

菅谷信一

追伸1:

先週開催した
奥野文夫さんの新刊
amazonキャンペーン。

「社会保障」部門、
「福祉」部門で1位と
2冠達成しました。

応援をいただき、
ありがとうございました!

追伸2:

毎週金曜にYouTube豆知識を
配信している
「菅谷信一公式LINE@」。

QRコード:
https://line.me/R/ti/p/%40sii1537c

ID:@sii1537c

登録するとすぐに送られてくる
「限定5大動画プレゼント」。

その中でも特に、
「120人の行列を一瞬で作った
菅谷信一・伝説のブレゼン」
27分の映像には、人を行動させる
戦略が詰まっています。

登録がまだの方は、ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/