Home » 最新情報 » ヒット映画「君の名は」が1時間47分である理由。

ヒット映画「君の名は」が1時間47分である理由。

こんにちは。
菅谷信一です。

先週は、
青森県八戸まで日帰り講演。

http://mmct.jcity.com/?c=1105&e=BNzPEFk6_wKBuidUXADTdA11

のような主催者様の喜びの声を
常に収録するようにしています。

わずか一分足らずの動画ですが、
人の心に訴えるには充分の長さですね。

その青森への移動中、
堀江貴文さんの「多動力」を
読みました。

その中で一番興味深かったのは、
「時間感覚の変化」です。

昔は2時間の空き時間を
「ヒマ」といったのですが、
現在は若者を中心に
2分の空き時間も耐えられない
というのです。

スマホで見るYouTubeも
3分以内の動画を次から次へと
「ナナメ視聴」。

映画「君の名は」のヒットの理由は、
1時間47分に収められていたこと。

集中力が続かない世代の
「時間感覚」に合った映画の構成
だったと説かれています。

640

私と藤村しゅんさんが主宰する
経営スクール「ビジネスタイガー」や
黒崎英臣さんとのタッグで運営する
「住宅営業革命プロジェクト」。

ここでも、その「時間感覚」を
意識したコンサルをしています。

「3分で人の心をつかめ。」

「最初の30秒で
相手の心を鷲づかみにする
トークを考えよう。」

いずれもビジネスの現場での
短期決戦を意識した対策です。

先日も
「私(菅谷)が30秒で身を乗り出す
コンセプトができるまではダメ。」
と厳しい指導を受けた方がいました。

「3分以上、相手は自分の話を
絶対に聞いてはくれない。」

YouTubeも同じです。

私が提唱する
「菅谷式YouTube戦略」は、
一分動画が基本です。

それは、
量産しやすいという意味と
視聴者が集中して動画を見る
時間的な限界の意味が
あるのです。

あなたのビジネスは、
そうした「時間感覚」の変化に
しっかりと対応していますか。

今週はそのようなことを
意識する一週間にしてみるのも
いいですね。

私の今週は、
スクール生11名の個別コンサル、
店舗経営者の現地指導2件、
八王子市での講演(4日15時)と
濃厚なスケジュール。

はっきりしない天気が続きますが、
お互い今週もがんばっていきましょう。

菅谷信一

追伸:

これも「時間間隔の変化」
に対応した情報発信。

毎週金曜にYouTube豆知識を
配信している
「菅谷信一公式LINE@」。

QRコード:
https://line.me/R/ti/p/%40sii1537c

ID:@sii1537c

登録するとすぐに送られてくる
「限定5大動画プレゼント」。

その中でも特に、
「120人の行列を一瞬で作った
菅谷信一・伝説のブレゼン」
27分の映像には、人を行動させる
戦略が詰まっています。

登録がまだの方は、ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/