Home » 最新情報 » 「白い恋人」年間2億枚へ躍進した「小さな一歩」。

「白い恋人」年間2億枚へ躍進した「小さな一歩」。

こんにちは。
菅谷信一です。
 
今週は
・11日 香川県東かがわ市での講演
・12日 個別コンサル
・13日 企業研修
・15日 ビジネスタイガー講座の第5講
と続きます。
 
11月発売のLINE@新刊の追い込みもあり
またまた充実した一週間になりそうです。
 
私が、
「LINE@先端テクニックの本を書こう。」
と思い、出版社に企画書を送ったのが
8月3日。
 
翌日には懇意にしている出版社から
出版が決まり、執筆スタート。
 
9月末には脱稿、
11月末には書店に本が並ぶ・・
というスピード感で仕事をしています。
 
「よし、LINE@の本を書こう。」
と私が8月3日に考えた
「小さな一歩」が
すべての始まりだったのですね。
 
「小さな一歩」が
超人気商品を生んだケースがあります。
 
北海道のお土産物で有名な
「白い恋人」。

siroikoibito

「白い恋人パーク」では
自分だけの「白い恋人」が
作れるそうです(^^)
 
http://mmct.jcity.com/?c=1343&e=agfbaOopJxkXbN7h%3BFQdRg11
 
1976年の発売以来、
40年以上も売れ続け
今では年間約2億枚も
販売される超人気商品。
 
ですが、この商品の
大ブレイクのキッカケは
1977年、全日空の機内食で
「白い恋人」が採用されたことでした。
 
石屋製菓(株)の石水社長は、
千歳空港にある全日空の
搭乗手続きカウンターに行き、
こう言ったそうです。
 
「白い恋人を売りたいんですけど、
どこに行けばいいですか。」
 
運良く、カウンターの女性が
ANA北海道支店に話をつないでくれ
1977年10月に機内食に
採用されたのです。
 
ここから「白い恋人」は大ブレイク。
今日の地位を築くのです。
 
石水社長が、
ANAの搭乗カウンターに行った
「小さな一歩」。
 
「20世紀を代表する土産品」で
2位の辛子明太子を大きく引き離して、
堂々1位の座に座り続ける
「白い恋人」ですが、
 
すべてはこの
「小さな一歩」にあったのですね。
 
大きな可能性と希望を秘めた
「小さな一歩」。
 
あなたは、
今週、どのような
「小さな一歩」を始めますか。
 
今週で9月も折り返し地点。
そんなことを意識しながら
今週の仕事に取り組みたいものですね。
 
菅谷信一
 
追伸:
 
来月にかけて全国講演に回ります。
お近くの方は会いに来てくださいね。
 
9月11日 東かがわ市商工会
9月22日 茅野商工会議所
10月13日 函館商工会議所
10月18日 明石商工会議所
10月19日 蕨商工会議所
10月24日 足尾町商工会
10月27日 藤枝商工会議所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/