Home » 最新情報 » 煮え切らない男+思い切りのいい男。

煮え切らない男+思い切りのいい男。

先週末、近所では少年野球の
元気のいい声が聞こえました。

この声を聞くと、
私には中学時代の
ほろ苦い思い出が蘇ってきます。

失恋の想い出ではありません。

私は中学時代、野球部に所属していました。

ですが、本当は野球部ではなく
陸上部に入りたかったのです。

当時、煮え切らない男だった私は、
「友達も野球部に入るから・・」
という理由で、野球部に
入ってしまったのです。

本当は陸上部に入りたかったくせに、
なんとも情けない男です。

校庭でトラックを走っている
陸上部の同級生の姿を見ながら

「いいなあ。
オレもあいつのように走りたいなあ。」

そんなことばかり考えていました。

「もう、こんな後悔したくない。
これからの人生、
一度、興味を持った世界には、
とりあえず飛び込んでみよう!」

pixta_15996516_S

15歳の菅谷少年は
そう心に決めたのです。

それからは、私の人生で
思い切りの良さだけが
目立つようになりました。

「具志堅用高のように
ボクサーになろう!」
→ボクシングジムへ。

「岩城滉一のように
ライダーになろう!」
→バイク教習所へ。

「バイクでアメリカ大陸を横断しよう!」
→資金を貯めるために、
家電量販店へバイトに。

「大企業はやめて中小企業だ!」
→辞表を叩きつけ、職安に。

「こんな安月給やってられん。独立だ!」
→ふたたび辞表を叩きつけ、
所持金30万円で創業。

「連れション」のような
野球部入部をした、
煮え切らない男時代が
ウソのようです。

経営の現場では、常に決断を
迫られます。

一通のメールへの返事も
決断ですね。

「あっ、これは
オレの人生を変えるものだ!」

そのように感じて、決断した出来事も
たくさんあります。

出版や講演などは、思い切って
飛び込んで本当に良かった世界ですね。

私の師匠は、
「命に別状がなくて、
大金がかからないのであれば
やってみればいい。」
と言います。

本当にそう思います。

私自身、今週も
「思い切りの良い」
決断をしたばかり。

「見逃し三振」は絶対にしない
そんなビジネス+人生を
続けていきたいものですね。

元・煮え切らない男

菅谷信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/