Home » 最新情報 » デッキブラシを持つ奴隷から「50億円男」へ。

デッキブラシを持つ奴隷から「50億円男」へ。

こんにちは。
菅谷信一です。

今日は日帰りで
函館商工会議所での
講演に向かいます。

今から25年前、
私が最初に入った会社は、
日立製作所の関連会社でした。

茨城県ですから、
日立のマークがついた
関連会社がとにかく多いのです。

4年後、大企業が肌に合わず
退職した私は、なかなか転職できず
早朝5時から宅配便の倉庫で
仕分けのバイトをしていました。

ゴルフ場が多い茨城県。
宅配便の営業所の倉庫には、
無数のゴルフバックが積まれています。

白い息を吐きながら、
朝からそれらのゴルフバッグを担いで
倉庫を走り回ります。

そのアルバイトが終わると、
室内温水プールの監視員の
アルバイトに直行です。

首から笛をぶら下げて監視したり、
デッキブラシを持ちプールサイドを
清掃します。

pixta_1471654_S

毎日、13時間に渡り、
朝から晩までヘトヘトになるまで
肉体労働をしても、
収入は14万円にしかならなかったことを
よく覚えています。

「奴隷」以外の何者でもありません。

20年経った今、私は
顧客に総額50億円の売上増を支援する
コンサルタントになっています。

講演会では毎回50名以上の
受講者が集まり、彼らに
独自の業績逆転術を伝授しています。

2時間の講演では20万円を頂き、
顧問契約を結ぶ企業での面談では
2時間で18万円を頂いています。

一ヶ月14万円でこきつかわれていた
宅配便+プールの監視員時代の
私の給料は、何だったのでしょう。

「奴隷から開放されたい」。

その思いこそが、
私の人生で変革を積み重ねてきた
原動力だったように思います。

「奴隷」とは、
会社の奴隷や社会の奴隷
ということだけでなく、
「業者ポジション」からの脱却
という意味も含みます。

そのような幅広い意味での
「奴隷」からの脱却を常に
意識することが、自身への
変革を生むのでしょうね。

新刊の校正が始まりました。

こうした出版も
「奴隷からの解放」を意識して
8年間続けていることです。

お互い
「今の自分は何かの
奴隷になってはいないか」
を意識して来週の仕事に
向き合っていきましよう。

良い週末をお過ごし下さい。

菅谷信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/