Home » 最新情報 » 「半年後の仕込み」・・・私の場合。

「半年後の仕込み」・・・私の場合。

明日、新しいセミナーの
一般公開受付をスタートします。

この週末は月末発売の
新刊の最終校正に
没頭していました。

この原稿が14日に印刷所にまわり、
30日には全国書店さんに本が
並ぶわけです。

新刊のタイトルは近日、
発表します。

私の今週は

・大手上場企業との「LINE@セミナー」共催
・次の新企画の動画収録
・会員さんのZoomグループコンサル
・対面個別コンサル

と濃厚な一週間です。

いずれも来年を見据えた
「仕込み」的な動きとなります。

先週のメルマガで紹介した
雨漏り修理・米田さんの
「仕込み」と同じですね。

当たり前ですが、
種は今まかないと、
将来、花が開きません。

ところが、
経営者に実に多いのが、
「業績が悪くなってきてしまいました。
どうしましょうか。」
という相談。

つまり、これは
「種もまいていないのに、
花が咲かないのですが
どうしてでしょうか。」
という相談なのです。

半年前の「仕込み」は
半年後に「開花」します。

ですが、
状況が悪化してから
初めて慌てる経営者や、
キャッシュがなくなってきてから
初めて慌てる経営者が
実に多いのです。

なぜ、私が今のタイミングで
LINE@の新刊を書くのか。

なぜ、私が今のタイミングで
大手上場企業とジョイントで
LINE@セミナーをするのか。

なぜ、私が今のタイミングで
新企画の動画を収録するのか。

すべては、
「半年後の仕込み」なわけです。

間違っても
新刊の出版や
ジョイントのセミナー
そのものが目的ではないのです。

「半年後の仕込み」を意識して
経営をするか、
「眼前の仕事」だけを意識して
経営するかの差が、
「業績の差」になって現れます。

あなたは、きちんと
「半年後の仕込み」を意識した
経営ができていますか。

今週はそんな意識改革を
目標にビジネスに取り組んでみましょう。

明日は、そんな
「半年後の仕込み」につながる
新しいセミナー企画の発表になります。

ではでは。

菅谷信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/