Home » 最新情報 » 「斜陽業界に文句を言う男」vs「斜陽業界を変える男」。

「斜陽業界に文句を言う男」vs「斜陽業界を変える男」。

「菅谷祭2018」、
一週間で80名の参加申込です。

http://a.youtube-1.net/2yJtJCC

増席しましたが、残席40名もすぐに
埋まると思いますのでお早めに。

今回の講師のひとりに、
山形県酒田市のバイク販売店
「スズキモータース」の
鈴木貴大さんがいます。

バイク業界と言えば、
若者のバイク離れで
今や「斜陽業界」とさえ
言われています。

洋室が増えたせいで
需要が減った「畳業界」。

サイン文化の浸透で
需要が減った「印鑑業界」。

いずれも、業績悪化しているのは
「斜陽業界だから
うちの業績は悪くなっているんだ・・」
と、業界のせいにしてしまう経営者。

ところが一見、「斜陽業界」に
見える会社の経営者でもしっかりと
業績を伸ばしている方がいます。

その代表格が、今回の講師の
鈴木貴大さん。

彼は、2年前に酒田商工会議所での
私の講演を受講。経営改革に開眼しました。

山形県の酒田市ですよ!

冬場はバイクが乗れそうにない雪国です。
若者も都内以上に減っているでしょう。

そんな山形のバイク屋さんが
日本のバイク販売業界を
牽引していると言ったら
何名の方が信じてくれるでしょうか。

「菅谷祭2018」でも
鈴木さんにじっくりと講演して頂きますが、
彼の着眼点は、
「海外」と「動画」。

アジアの富裕層に独自の販売手法を構築し
がんがんバイクを販売。

また、メーター戻しを始めとする
ブラックな販売手法も多いバイク業界で
「動画による透明性日本一」を実現。

結果、顧客から圧倒的な支持を得る
バイク店になりました。

ライバルが「斜陽業界」のせいに
しているのを尻目に、鈴木さんは
斬新な視点で経営を改革していったのです。

そんな「斜陽業界を変える男」、
鈴木さんをはじめ、6名の成功経営者が
その舞台裏を赤裸々に語る
「菅谷祭2018」。

http://a.youtube-1.net/2yJtJCC

鈴木さんのような経営のヒントに
満ち溢れた「成功空間」。

残席はわずかです。

菅谷信一

追伸:

「菅谷祭2018」では、
最後に名刺交換会を行います。

120名規模での名刺交換会。

素晴らしい人脈が一瞬で
手に入れられる貴重な時間に
なるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/