Home » 最新情報 » 大船渡復興への一歩+函館貸衣装「真柄周二さん」海外メディア展開。

大船渡復興への一歩+函館貸衣装「真柄周二さん」海外メディア展開。

今日は、被災三県復興支援
「LINE@特別セミナー」第一回、
岩手県大船渡市に向かっています。

もう大震災から来月で、
7年になるのですね。

現地共催者として協力頂く
(有)大船渡印刷の熊谷さんによると
JR大船渡線が復旧しておらず、
バスでの代替運行が続いているとのこと。

本当の復興はまだこれからだと感じます。
また、復興支援のムードが風化していくのが
一番残念なこと。

私は自分の役目、
「一円もかけずに小さな会社が
業績を復活させるネット戦略」
を伝えることに全力を尽くします。

そして、実際に一社でも二社でも
復活の知らせが大船渡でがんばる
小さな会社から届くことを期待しています。

今朝、届いた嬉しい報告は、
函館市の貸衣装店
「ギャラリーM.a.k」の
真柄周二さんから。

一昨年からコツコツと取り組んだ
ネット戦略とマスコミ対策が奏功。

先月はタイの国営放送で
取り上げられたとのこと。

http://a.youtube-1.net/2BNafDj

この動画の7分40秒くらいから
約2分半、真柄さんのお店が
紹介されています。

また、真柄さんは明日2月10日お昼、
中国のテレビ番組に生出演予定とのこと。

こうした真柄さんのネット戦略と
マスコミを巻き込んだ露出拡大は、
コストゼロで実現したもの。

そして、インバウンドの需要を
着実に受け止めています。

地方経済の冷え込みを言い訳にせずに
コストゼロの営業戦略をコツコツと
継続した結果、手にした
「地域一番店」の座。

一昨日配信して反響が大きかった
「具志堅用高さん・不遇の一年半に
続けたこと」にも通じますね。

「今できることを着実に。」

飛び道具でも、
必殺技でもない。

「今できることを着実に」
続けることが、業績大逆転に
一番必要なことだということを、
今日の大船渡でも伝えてきます。

読者の皆様、ぜひ
東北の更なる復興を祈って下さい。

菅谷信一

追伸:

被災三県復興支援セミナー、
3月は福島県いわき市です。

3月12日(月)13時・いわき市産業創造館
http://a.youtube-1.net/2rV9DXW

お申込みはこのメールへのご返信でOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/