Home » 最新情報 » 経営者やめますか、親戚づきあいやめますか。

経営者やめますか、親戚づきあいやめますか。

今朝も4時に起床して、
このメルマガを書いています。

今日はこれから
静岡県島田商工会議所で
講演です。

あの「自動旋盤の鈴木さん」
の故郷でもあります。

21時就寝、4時起床の生活を始めて
10年目。

すっかりこの早寝早起きの
生活が板についた私は、
20時を過ぎると
まぶたが重くなってきてしまいます。

まるで、野球中継を最後まで
見られずに20時ごろ
眠ってしまっていた
小学生のころのようです。

私が一念発起して
10年前に早寝早起きを
始めたのには、
理由が2つあります。

ひとつは、子供ができて
生活サイクル上、
夜更かしができなくなったこと。

もうひとつが
中小企業のための経営戦略、
「ランチェスター戦略」
を勉強しはじめたことです。

経営戦略の師、
竹田陽一先生いわく

中小企業の経営者の
一年間の平均仕事時間は、
1850時間。

「人の2倍働く」というのは、
2倍の平方根である1.41倍の
2600時間。

同じく「人の3倍働く」のは、
3200時間。

「人の4倍働く」のは、
3700時間。

とのことです。

熊本の仏壇販売、
永田さんも見事に
年間4000時間労働ですね。

10年前の私は、
一年の時間は1850時間。

平凡な頭脳しかないくせに、
仕事時間も平凡だった、
ということですね。

これでは地域・業界の中で
抜きん出た業績を残すことは
できません。

そこで、私は、

「朝4時に起きれば、
一日13時間、仕事が出来る。

これを週休一日で一年やれば
4000時間以上仕事が出来る。

よし、明日から4時起きだ。」

と「人の4倍働く」ことを
誓って、現在の生活スタイルに
なったのです。

ちなみに、竹田先生の
時間戦略はもっと徹底しています。

45歳で起業された頃から
娯楽も友達親戚づき合いも
すべてやめたそうです。

そうは言っても、
友達づきあいはともかく、
すべての親戚づきあいまで
やめられますか。

竹田先生、すご過ぎる!

そこまで徹底した時間戦略で
行動すると第一人者になれる
ということですね。

私が業績悪化する中小経営者に
まず伝えることは、
「朝4時起きをすると、
それだけで業績が伸びますよ」
ということ。

今のような寒い時期に始めると、
これから長続きします。

「早寝早起き」がまだの方、
世界一簡単な業績改善法を
ぜひ試してみて下さい。

菅谷信一

追伸:

被災三県復興支援セミナー、
3月は福島県いわき市です。

3月12日(月)13時・いわき市産業創造館
http://a.youtube-1.net/2rV9DXW

お申込みはこのメールへのご返信でOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/