Home » 最新情報 » 飛込み2万4000件の歌手「かとうあい」さん+雨漏り修理「米田さん」。

飛込み2万4000件の歌手「かとうあい」さん+雨漏り修理「米田さん」。

私と藤村しゅん氏が主宰する
経営塾「ビジネスタイガー」では、
よくこのような言葉が飛び交います。

 

「ビジネスモデル的にOKだから、
そのターゲットに飛び込んで。」

 

そして実証済みの
「菅谷式飛込み営業」の
ロールプレイングをします。

 

経営スクールは数多くあれど、
「戦略的飛込み営業」の
ロープレをしている経営スクールは
世界中でここだけでしょう。

 

正しい飛込み営業は、
「科学」です。
必ず成果が出ます。

 

東京福生市の雨漏り修理業
「ホークアイズ」の米田さんなど
数多くの経営者の業績大逆転で
使われてきた「菅谷式・飛込み営業」。

 

私も20年前の前職時代に、
社内起業家として始めた
「障がい者が教えるパソコンスクール」
の飛込み営業。

 

当時は私も
1日100件の飛込みをしていました。

 

フジテレビ「アウト×デラックス」で
注目された歌手「かとうあい」さん。

 

故郷の島根県から歌手になる
夢を抱いて大阪へ。

 

「歌のスキルを上げたい。
でも居酒屋や回転寿司など
歌と関係ないアルバイトはしたくない。」

 

そこで、スナックやクラブに飛込み、
「一曲だけ歌わせて頂けませんか。」
と繁華街をまわります。

チップをもらい
歌わせてもらったお店で
もらった名刺が8700枚。

 

断られたお店が15000件。

 

合わせて2万4000件の飛込みを
したことになります。

 

「誰もが嫌がる努力」が
かとうさんの歌唱力と度胸を養い
有名番組の出演につながります。

 

やはり、
「誰もが嫌がる努力」を
神様はよく見ていますね。

 

あの北島三郎さんも
下積み時代にやった
「3曲100円」の流し。

 

・客層ターゲットの体温を知る。

・ネットでは絶対にできない接近戦。

・自分の「技」を直接、相手に知ってもらう。

 

「戦略的飛込み」には、
いくつものメリットがあります。

 

「誰もが嫌がる努力」を通して、
ライバルは絶対に得られない
自分だけのメリットを
しっかりと手にする。

 

今週後半は、
そのようなことを意識して
ビジネスに取り組みたいですね。

 

菅谷信一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/