Home » 最新情報 » 動画で業界No.1の情報開示「流機エンジニアリング」。

動画で業界No.1の情報開示「流機エンジニアリング」。

「人生とビジネスのあり方を
180度変える3時間。」

https://goo.gl/e4J6z2

開催日は残り3日となりました。
「ピン!」ときた方はぜひ。

トンネル工事に使用する
換気装置を販売している
「流機エンジニアリング」
という会社があります。

非上場の会社にもかかわらず
同社サイトには、損益計算書、
貸借対照表などが掲載されています。

「どうぞ、どこからでも当社のことを
見てください。」
という同社の姿勢が伺えます。

その姿勢は、YouTube動画投稿にも
しっかりと表れています。

https://www.youtube.com/user/Ryukiengineering/

製品紹介はもちろん、
社長就任式、朝礼、社内報告会の様子
だけでなく、忘年会の余興まで
しっかりと「開示」されています。

「社長の所信表明と納会の訓示」
の動画は、実に1時間22分の
「大作」。

実際に、動画は取引先にも多く閲覧され、
疎遠になっていた顧客からも反応が
あったそうです。

情報開示が形式的なものなのか、
「本当に自分のことを見てもらおう。」
という姿勢で行っているかの違いは
一目瞭然ですね。

私は常々、企業のYouTube戦略の
実践コンサルティングの際に
「企業秘密の一歩手前まで開示せよ。」
とアドバイスしています。

自分の方から、扉を開けて
自分の「表と裏」を紹介する。

その自信と覚悟が動画に
表現されるからです。

誰でもゼロ円で実施できる
「情報開示」。

市場は確かにその姿勢を評価し、
売上、利益という形で跳ね返ってきます。

平成も来年で終わり。
「昭和」の経営とは決別する
そんな姿勢を「流機エンジニアリング」
の実践から学びたいものですね。

菅谷信一

追伸:

このセミナーでも、
「昭和」の経営とは決別する
具体的なステップを紹介します。

https://goo.gl/e4J6z2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/