Home » 最新情報 » 若き日の稲盛和夫さん「強く思い行動する力」。

若き日の稲盛和夫さん「強く思い行動する力」。

「地方応援・特待生募集」、続々と
エントリーが届いています。

11月23日(金)18時締め切りです。

=======================================

菅谷信一が「地方の企業」を徹底コンサル!
通信制コース「1億円アカデミー」
2019年度・特待生を募集します。

https://goo.gl/JW5yhn

=======================================

松下幸之助氏が、
ある講演会で「ダム式経営」について
話をしました。

ダムに水をためるように、
経営も景気の良いときこそ、
悪いときに備え蓄えをしておく。

「ダム式経営」とは、
そのようなことです。

すると会場から、
「それができれば苦労はしない。」
「現実にその方法を教えてくれ。」
と質問が出ました。

それに対して、松下幸之助は、
このように答えます。

「そんな方法は知りませんのや。
まず、ダムをつくろうと思わんと
あきまへんなあ、」

その答えに、
聴衆からは失笑がもれ、
彼らは失望して講演会を
後にしました。

ですが、たったひとりだけ、
その答えに失笑も失望も
しない人がいました。

それが、京セラを創業したばかりの
無名の中小企業経営者、
若き日の稲盛和夫さんでした。

稲盛さんだけは、松下幸之助の言う
「何よりもまず強く思い、
行動に移すことが成功への第一歩。」
を確かに感じ取っていたのです。

そのときのことを稲盛さんは著書の中で
このりように振り返っています。

「体に電流が走るような大きな衝撃を受けて、
なかば茫然と顔色を失っていました。

松下さんのその言葉は、
私にとても重要な真理を
つきつけていると思えたからです。」

「何よりもまず強く思い、
行動に移すこと。」

この重要性は、現在のネット社会における
多くの中小企業経営者の業績大逆転劇からも
痛感することが多々あります。

「何よりもまず強く思い、
行動に移すこと。」

今週はそのようなことを意識した
一週間にしてまいりましょう。

菅谷信一

追伸:

何よりもまず強く思い、
行動に移す、その第一歩が
ここにあります。

https://goo.gl/JW5yhn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/