Home » 最新情報 » 乳がん患者さんと登山する理容室「大根田裕一さん」の新手法。

乳がん患者さんと登山する理容室「大根田裕一さん」の新手法。

================================================

※お申込みが90名を超えました。残席はあと10名様です。

■2019年「増税・インフレをぶっとばせ!」
菅谷祭2019・成功経営者の大講演会

http://www.arms-project.com/sugayafes2019/

※豪華特典が追加されました。

来場すると菅谷の「12年間全戦略戦術DVD」
(定価19,800円→来場者は無料)がもらえます。

================================================

長野県伊那市で昭和30年創業の
「ヘアーサロン オオネダ」は
開業65年を迎える老舗の理容室です。

そこの三代目が今回登壇する
「大根田裕一さん」です。

大根田さんは、偶然参加した経営セミナーの
講師が妻のために医療用ウィッグを
開発したことを聞きます。

これに心を動かされた大根田さんは、
医療用ウィッグを広げる活動を開始します。

NPO法人の長野県代表を経て、
2016年にがん患者さんを支える
美容師のグループ「ヘア・クオーレ」を創設。

これまで200名を超える患者の悩みに寄り添って、
医療用ウィッグを提供してきました。

なぜ多くの患者さんが彼のもとに
集まり、離れないのでしょうか。

それは彼が、独自の「信頼関係構築型」の
コミュニティを構築しているからです。

たとえば、「山歩きの会」を主催して
患者さんとご家族、ご友人と一緒に
登山をしています。

患者さん同士が道中、
おしゃべりを楽しみ共感しながら
ハイキングをしていくそうです。

また、その他にもティーパーティーや
ワインパーティーなども企画して
多方面に渡り、患者さんとの
交流を図っています。

医療用ウィッグというデリケートな商品を
扱うからこそ、「心と心」のつながりを
重視した営業手法を心がけなければ
いけません。

一見、遠回りをしているように見えて
実は最も効率的な営業手法である
「独自コミュニティーの運営」。

モノ余りの時代だからこそ
「信用できる人からモノを買う」
お客様の心理と購買動向。

そうした時代に最もマッチした
最先端の販売戦略を大根田さんは
いち早く気づき、体現しているのです。

その思想と実践について
大根田さんが「菅谷祭2019」で
熱く語っていただきます。

http://www.arms-project.com/sugayafes2019/

従来の販売手法に打開策を求める
あなたには大きなヒントが隠されている
はずです。

菅谷信一

追伸:

「菅谷祭2019」のみどころは、次の通りです。

・あの自動旋盤の鈴木さんご夫婦を含む
実業で成功している方をお呼びした事例発表会。

・19,800円相当のDVDと新刊本1冊プレゼント。

・毎年ここでしかしない「菅谷の50億円闘魂パンチ」で
気合い入れ(希望者のみ。昨年は45名が参加)

ご期待下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

About us

サイト運営:株式会社アームズ・エディション

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
http://www.arms-edition.com/