Home » 最新情報 » 被災地福島の県立高校に長渕剛さんが贈ったもの。

被災地福島の県立高校に長渕剛さんが贈ったもの。

全国各地で高校野球の県予選が
展開されています。

 

先週12日(金)に、この高校が
9回裏に粘り強くサヨナラ勝ちしました。
これは、その高校の校歌斉唱です。

 

この「県立小高産業技術高校」は
福島県南相馬市「小高地区」で
2017年に開校しました。

 

小高地区は2016年に避難指示が
解除されましたが、震災前の
28%の方しか故郷に帰ってきません。

 

今は市立病院の分院があり、
医師が訪問診療を提供しているレベル。

 

震災前は7店舗あったスーパーも、
今は1店舗だけ。

 

「スーパーも病院も料理店も、
昔はもっとあったんだと思い出す。」
地元市民は語ります。

 

そのような険しい地域復興の中、
明日を作る若者500名が集い、
「県立小高産業技術高校」は
開校を迎えたのです。

 

小高に住む作家柳美里さんの呼びかけに、
胸を打たれた長渕剛さんが同校の
校歌を作ることになりました。

 

長渕剛さんは、被災地からの紅白出演、
復興支援のラジオ番組企画、
被災地の自衛隊激励コンサートなど
積極的な支援活動で知られています。

 

開校式、入学式にギター一本で
駆け付けた長渕さんは校歌を
力強く披露しました。

 

東日本大震災から8年。
時代も令和に変わり、
復興支援が風化しつつある今。

 

この校歌を歌う生徒のように
まさにこれからの未来をこの地で
歩もうとしている「仲間」が
同じ日本にいるわけです。

 

私の住む水戸から北に
たった160キロ。

 

昨年2月の大船渡・いわき・仙台の
「復興支援ボランティアセミナー」を
今年も計画中です。

 

私が今年訪れるその地は、
この南相馬市かもしれません。

 

正式に決まりましたらこのブログでも
お知らせしますね。

 

さあ、今週もがんばっていきましょう。

 

菅谷信一

追伸:

昨秋の「著者スター誕生」からまたまた
著者が誕生しました。

中嶋美知さんの
「自信を持って行動できるメンタルのつくり方」
の発売を記念してのキャンペーンが本日から
開催されます。

https://bit.ly/2LQv7O9

ぜひ手にとってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*