Home » 最新情報 » 「投げ銭ファイトマネー」1週間で40万円!石井会長と山口選手。

「投げ銭ファイトマネー」1週間で40万円!石井会長と山口選手。

========================================

菅谷信一の全国講演開催中!

 

「非対面でも売上2倍!YouTubeテレワーク営業」

■岐阜市  8月19日
■長野市  8月20日
■明石市  8月26日
■水戸市  9月7日

「超戦略型LINE公式アカウント」

■神戸市  9月10日

※受講料無料。全て午後開催。

※参加希望の方はメッセージ下さい。ご案内差し上げます。

※対象は法人企業。

※参加受付は、先着順とさせていただきます。
定員に達した場合、ご容赦下さい。

========================================

 

新型コロナの影響は、
ボクシング界にも直撃しました。

 

以前のように客席に満員のお客様を
入れてのイベントを開催できなく
なったのです。

 

無観客または、少数の観客を
入れての試合が行われています。

 

そのシワ寄せは、ボクサーの
試合報酬に現れます。

 

以前のような条件で、
ボクサーたちにお金を払うことが
難しくなってきたのです。

 

そこで、横浜光ボクシングジムの
石井一太郎会長は、ネット上で
「激励賞」という募金システムを考案。

 

8月31日の試合に出場する選手に
応援の「投げ銭」ができるような
システムを公開したのです。

 

日立市のワールド日立ジム所属の
山口拓也選手は、4勝11敗という
負けが込んだ選手。

 

ですが、この選手紹介動画が話題を呼び
1週間で40万円以上の支援が集まりました。

 

※実は私も胸を打たれて
500円とささやかですが、募金させて頂きました。

 

試合に来場する観客からチケット代で
売上を立てることが難しいのであれば、

 

YouTube動画で「選手の生きざまと魅力」を
訴えて、「投げ銭」を集めるという
ボクシング界初の試み。

 

コロナがキッカケとなり生まれた
素晴らしい仕組みとして、コロナ後も
ボクシング界で機能し続けることでしょう。

 

コロナを嘆く前に、
前を向いて、上を向いて取り組んだ
石井会長と山口選手の努力の結晶。

 

神様は、本当によく見ていますね。

 

このボクシング界の取組みから
あなたは何を感じて、行動しますか。

 

コロナを嘆く前に、
前を向いて、上を向いて前進して
いきましょう。

 

菅谷信一

 

追伸:

 

菅谷信一のYouTubeチャンネル。

「YouTube一万本への一大決心」
柏市・夢工房・大嶋雅社長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*