Home » 最新情報 » 自動旋盤(株)鈴喜のYouTube成功の裏に「ランチェスター経営戦略」あり。

自動旋盤(株)鈴喜のYouTube成功の裏に「ランチェスター経営戦略」あり。

■全方向型YouTubeミニ講座(第5話)

「自動旋盤(株)鈴喜の
YouTube成功の裏に
ランチェスター経営戦略あり。」

 

————————————–

今日は、福島県いわき市で
YouTubeセミナーです。
自宅の水戸から特急で一時間。
東北の入り口の街ですね。

 

さて「全方向YouTube戦略」シリーズの
第五回目です。

 

今日は、ランチェスター経営戦略の
基盤を重視し、YouTubeが花開いた
実例をご紹介しましょう。

 

私のYouTubeセミナーの冒頭で
必ず紹介する埼玉県の工作機械販売
(株)鈴喜の鈴木佳之社長と奥さま。

 

2011年暮れに拙著を読んで頂き、
サイト制作の問い合わせを頂きました。

 

自宅兼事務所に訪問すると、
「年商が2400万円で赤字が600万円」
という悲惨な状況。

 

そこでYouTube戦略を指南し、
実践を重ねた鈴木さんの翌年の
年商は1億1800万円。

 

もちろん十分な利益を取っての
売上です。

 

ここまでがセミナーで紹介している
表面的なお話。
今回ご紹介するのはその舞台裏です。

 

鈴木さんが、前職時代の知識を活かして
自動旋盤の販売を目的に独立創業。

 

「飛び込み営業をたくさんすれば
売れるだろう。」という気持ちでの
創業でした。

 

営業をしても中々手ごたえが感じられない
鈴木さんは、販売商品を「中古」に絞ります。

 

中古の機械は自動車と同様、
一台一台コンディションの差があり、
プロによる目利きと調整が求められるのです。

 

「新品だったら新人営業マンでも売れる。
中古は業界歴20年の自分にしか売れない。」

 

鈴木さんは自社の商品を「自動旋盤」
ではなく、自身の知識と経験だと
再定義したのです。

 

全国の町工場では、予算の関係で
新品を購入できない会社も多く、
ニーズは確かにある。

 

しかもネット上で特にYouTube上で
自動旋盤の中古をテーマにした動画は
皆無の「超ブルーオーシャン」。

 

鈴木さんが「中古」に経営戦略を定めて
事業展開した、ひとつのツールが
YouTubeだったという話なのです。

 

また、鈴木さんは補助金による
購入支援もサポート。

 

大手がやりたがらい手間のかかる
事務作業も厭わず町工場のニーズに
真摯に向き合いました。

 

もし鈴木さんが「中古」に経営戦略を
定めずに、闇雲にYouTubeに取り組んでいたら・・
未だに業績は低迷していたことでしょう。

 

「菅谷式YouTube戦略」の象徴的な事例、
自動旋盤の鈴木さんの成功の陰には、
そのようなランチェスター経営戦略の
理解と策定があったのです。

 

YouTubeに取り組んでいるのに
成果が出ていない方は、改めて
このエピソードを肝に銘じるといいでしょう。

 

それでは今週後半も頑張っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*